【チャンピオンズリーグ2019/20】テレビ放送&ライブ配信予定!DAZN?スカパー?

【チャンピオンズリーグ2019/20】テレビ放送&ライブ配信予定!DAZN?スカパー?

欧州サッカーの祭典である・・・

「チャンピオンズリーグ2019-20(CL)の視聴方法」

をご紹介!!!

この大会は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年開催されている、ヨーロッパのクラブナンバーワン決定戦!
欧州クラブシーンにおける最も権威ある国際大会であり、各国リーグ戦の上位クラブが登場することから世界的に大きな注目を集めます。

ロシアワールドカップへ出場していた各国代表メンバーも数多く出場する、世界屈指のハイレベルな大会としても有名。

前回大会はリヴァプール(イングランド)が優勝しました!
連覇なるのか楽しみですが、他のクラブも黙ってないでしょう。
激しい戦いが見られそうですね。

もちろん、この大会は日本のサッカーファンの方々も注目されているはず!

では、「チャンピオンズリーグ2019-20(CL)は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

こんな方にオススメ

・とにかくチャンピオンズリーグ2019-20(CL)が見たい!

・テレビで楽しみたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・どこで見るのがオススメ?

・日程やキックオフ時間、組み合わせは?

テレビ放送・中継予定

早速ですが、「チャンピオンズリーグ2019-20(CL)」のテレビ放送予定をチェック!

フジテレビ系(地上波)

こちらでは放送されません!

以前は決勝を生中継していましたが、前回から無くなりました。

スカパー!

こちらでは放送されません!

以前はずっとこちらで全試合生中継されていましたのですが、放送は無くなりました。

インターネットライブ配信

DAZN(ダ・ゾーン)←オススメ

こちらでチャンピオンズリーグ2019-20(CL)を全試合ライブ配信+見逃し配信!

>>DAZN(ダ・ゾーン)

今話題のスポーツ配信サービスであり、登録すれば・・・

テニス
Jリーグ
Bリーグ
プロ野球
プレミアリーグ(イングランド)
ラ・リーガ(スペイン)
セリエA(イタリア)
リーグアン(フランス)
チャンピオンズリーグ(CL)
ヨーロッパリーグ(EL)
MLB(メジャーリーグ)
NFL(アメフト)
Vプレミアリーグ(バレー)
ラグビートップリーグ
F1・F2
UFC(総合格闘技)
PGAツアー(ゴルフ)
ボクシング

など数多くの国内&海外スポーツが見放題に!

特に国内海外問わず、サッカーコンテンツが非常に充実しているのが特徴。
Jリーグ&海外サッカーが見れるのは最強ですよね。

サッカーが好きな方はこの機会に登録しておくのがオススメ!

とにかくスポーツが好きな方なら登録しておいて損はない超便利サービスです。
今後、ネットでスポーツ観戦するなら欠かせないサービスとなりそうな予感。

テレビが見れなくても移動中でも、スマホ・パソコン・タブレット端末、ゲーム機などで楽しめるのでオススメ!

ちなみに、Apple TV、Air Stick 4K、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、ひかりTV、Chromecastなどを使えば、テレビの大画面で見ることもできますよ。

月額料金
通常ユーザー:月額1750円(税抜)
ドコモユーザー:月額980円(税抜)

※初回1か月無料!
※無料期間内の退会なら料金は発生しません。
※クレジットカード無しでもコンビニ払いなどで登録可能。

>>DAZN(ダ・ゾーン)に登録する

どこで見るのがオススメ?

どこで見るのがオススメなのかですが・・・

>>DAZN(ダ・ゾーン)

で視聴するのが一番オススメ!

といいますか、ここでしか見れないと思われます。
登録すればCL全試合に加え、ELや欧州サッカー、Jリーグなど多数のサッカーコンテンツが見放題に!

おそらくここだけの独占配信だと思われますので、ぜひこの機会に加入しておきましょう!

大会の仕組み&ルール

ここからは大会の詳細を仕組み&ルールからチェック!

試合方式

予戦を勝ち抜いた6チームと、本戦から出場の26チームの計32チームが4チームずつ8つの組に分かれてホーム&アウェイ方式のリーグ戦を行う。
各組上位2チームの計16チームがホーム&アウェー方式の決勝トーナメント戦に進む(3位の8チームはUEFAヨーロッパリーグに決勝トーナメントから出場)決勝戦のみ1試合で行われ、優勝チームには“欧州代表”としてFIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられる。

順位決定方式(グループリーグ)

勝ち点は勝利=3、引き分け=1、敗戦=0。勝ち点が多い順に順位を決める。
勝ち点が同じ場合は、当該チーム同士の勝ち点 → 当該チーム間の得失点差 → 当該チーム間の総得点 → 当該チーム間のアウェーゴール数 → 得失点差 → 総得点 → アウェーゴール数 → 勝利数 → アウェー勝利数 → 懲戒ポイント → クラブ係数の順で決定される。

順位決定方式(決勝トーナメント)

準決勝までは、ホーム&アウェイ方式による2試合を行い勝利数の多いチームが次のラウンドに進出する。
勝利数が同じ場合は得失点差 → アウェーゴールの多い方が勝者となる。
それでも勝者が決まらない場合は、前後半15分の延長戦を行う。延長戦後ゴール数も同数になった場合はアウェーゴール数の多いチームが次のラウンドに進出する。
延長戦でも決着がつかない場合はPK戦で勝敗を決める。
決勝は1試合だけ行われ90分間で決着が付かない場合には延長戦、PK戦で勝敗を決める。

出場クラブ&グループステージの組み合わせ

グループA

パリ・サンジェルマン(フランス)
レアル・マドリード(スペイン)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
ガラタサライ(トルコ)

グループB

バイエルン(ドイツ)
トッテナム(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)

グループC

マンチェスター・C(イングランド)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
アタランタ(イタリア)

グループD

ユヴェントス(イタリア)
アトレティコ・マドリード(スペイン)
レヴァークーゼン(ドイツ)
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

グループE

リヴァプール(イングランド)
ナポリ(イタリア)
ザルツブルク(オーストリア)
ヘンク(ベルギー)

グループF

バルセロナ(スペイン)
ドルトムント(ドイツ)
インテル(イタリア)
スラビア・プラハ(チェコ)

グループG

ゼニト(ロシア)
ベンフィカ(ポルトガル)
リヨン(フランス)
ライプツィヒ(ドイツ)

グループH

チェルシー(イングランド)
アヤックス(オランダ)
バレンシア(スペイン)
リール(フランス)

日程・キックオフ時間

※日本時間。
※時間は変更の可能性あり!

>>大会公式サイト(スケジュール)

グループステージ

※判明次第、追記します。

ラウンド16

※判明次第、追記します。

準々決勝

※判明次第、追記します。

準決勝

※判明次第、追記します。

決勝

※判明次第、追記します。

歴代優勝クラブ

2018 – 2019 リヴァプール(イングランド)
2017 – 2018 レアル・マドリッド(スペイン)
2016 – 2017 レアル・マドリッド(スペイン)
2015 – 2016 レアル・マドリッド(スペイン)
2014 – 2015 FCバルセロナ(スペイン)
2013 – 2014 レアル・マドリッド(スペイン)
2012 – 2013 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
2011 – 2012 チェルシー(イングランド)
2010 – 2011 FCバルセロナ(スペイン)
2009 – 2010 インテル(イタリア)
2008 – 2009 FCバルセロナ(スペイン)
2007 – 2008 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
2006 – 2007 ACミラン(イタリア)
2005 – 2006 FCバルセロナ(スペイン)
2004 – 2005 リヴァプール(イングランド)
2003 – 2004 FCポルト(ポルトガル)
2002 – 2003 ACミラン(イタリア)
2001 – 2002 レアル・マドリッド(スペイン)
2000 – 2001 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
1999 – 2000 レアル・マドリッド(スペイン)
1998 – 1999 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
1997 – 1998 レアル・マドリッド(スペイン)
1996 – 1997 ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
1995 – 1996 ユヴェントス(イタリア)
1994 – 1995 アヤックス(オランダ)
1993 – 1994 ACミラン(イタリア)
1992 – 1993 マルセイユ(フランス)
1991 – 1992 FCバルセロナ(スペイン)
1990 – 1991 レッドスター・ベオグラード(ユーゴスラビア)
1989 – 1990 ACミラン(イタリア)
1988 – 1989 ACミラン(イタリア)
1987 – 1988 PSV(オランダ)
1986 – 1987 FCポルト(ポルトガル)
1985 – 1986 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
1984 – 1985 ユヴェントス(イタリア)
1983 – 1984 リヴァプール(イングランド)
1982 – 1983 ハンブルガーSV(西ドイツ)
1981 – 1982 アストン・ヴィラ(イングランド)
1980 – 1981 リヴァプール(イングランド)
1979 – 1980 ノッティンガム・フォレスト(イングランド)
1978 – 1979 ノッティンガム・フォレスト(イングランド)
1977 – 1978 リヴァプール(イングランド)
1976 – 1977 リヴァプール(イングランド)
1975 – 1976 バイエルン・ミュンヘン(西ドイツ)
1974 – 1975 バイエルン・ミュンヘン(西ドイツ)
1973 – 1974 バイエルン・ミュンヘン(西ドイツ)
1972 – 1973 アヤックス(オランダ)
1971 – 1972 アヤックス(オランダ)
1970 – 1971 アヤックス(オランダ)
1969 – 1970 フェイエノールト(オランダ)
1968 – 1969 ACミラン(イタリア)
1967 – 1968 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
1966 – 1967 セルティック(スコットランド)
1965 – 1966 レアル・マドリッド(スペイン)
1964 – 1965 インテル(イタリア)
1963 – 1964 インテル(イタリア)
1962 – 1963 ACミラン(イタリア)
1961 – 1962 ベンフィカ(ポルトガル)
1960 – 1961 ベンフィカ(ポルトガル)
1959 – 1960 レアル・マドリッド(スペイン)
1958 – 1959 レアル・マドリッド(スペイン)
1957 – 1958 レアル・マドリッド(スペイン)
1956 – 1957 レアル・マドリッド(スペイン)
1955 – 1956 レアル・マドリッド(スペイン)

注意事項

・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は記事更新時のものなので、今後変更される可能性もありますのでご注意下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

チャンピオンズリーグ2019-20(CL)の視聴方法をご紹介しました!

・この大会は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年開催されている、ヨーロッパのクラブナンバーワン決定戦。

・グループステージ→ラウンド16→準々決勝→準決勝→決勝と続きます。

・テレビでの放送は無し。

・インターネットなら「DAZN」でグループステージから決勝まで全試合ライブ配信+見逃し配信。

このような感じですね!

さあ、今年はどのような結果となるのか・・・!
強豪クラブばかりなので、ハイレベルな試合が見れるためオススメです。

日本人選手の所属クラブである、長友佑都選手の所属するガラタサライ(トルコ)、南野拓実&奥川雅也選手が所属するザルツブルク(オーストリア)、伊東純也選手が所属するヘンク(ベルギー)にも注目です!

海外サッカーカテゴリの最新記事