【ダニエル太郎】ストックホルムOP2018のテレビ放送中継&ライブ配信は?

【ダニエル太郎】ストックホルムOP2018のテレビ放送中継&ライブ配信は?

男子テニスの国際大会となる・・・

「ストックホルム・オープン2018の視聴方法」

をご紹介!!!

この大会は2018年10月15日(月)~21日(日)かけてスウェーデン・ストックホルムで開催される、ハードコートの大会。

大会のグレードは、「ATPワールドツアー・250シリーズ」となります。

この大会は、ダニエル太郎選手の最新出場試合!

あまりグレードの高い大会ではありませんが、世界ランキング10位のジョン・イスナー、世界ランキング14位のファビオ・フォニーニ、世界ランキング18位のジャック・ソックなどが出場予定!

とにかくこの大会を見たい方も多いはず!

では、「この大会は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

また、ついでに大会の詳細も記載!

こんな方にオススメ

・とにかくストックホルム・オープン2018が見たい!

・ダニエル太郎選手の試合が見たい!

・テレビで楽しみたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・どこで見るのがオススメなのか知りたい!

・日程や出場選手、ドロー表などが気になる!

テレビ放送・中継予定

では早速、「ストックホルム・オープン2018」のテレビ放送予定をチェック!

残念ながら、調べてみたところ見つかりませんでした。
テレビ放送はされないと思われます・・・

もしかしたら、今後情報が追加されるかもしれませんが、現時点でテレビ放送予定はありません。

では、どこで見れるのか?

「インターネットライブ配信」

で見れますので、次の項目をチェック!

インターネットライブ配信

「ストックホルム・オープン2018」男子シングルスは、インターネットライブ配信されます!

しかも、初回1か月無料!

DAZN(ダ・ゾーン)←オススメ

こちらで、「ストックホルム・オープン2018」男子シングルスを準々決勝~決勝戦まで連日ライブ配信+見逃し配信!!

>>DAZN(ダ・ゾーン)

今話題のスポーツ配信サービスであり、登録すれば・・・

テニス
Jリーグ
Bリーグ
プロ野球
プレミアリーグ(イングランド)
ラ・リーガ(スペイン)
セリエA(イタリア)
チャンピオンズリーグ(CL)
ヨーロッパリーグ(EL)
MLB(メジャーリーグ)
NFL(アメフト)
Vプレミアリーグ(バレー)
ラグビートップリーグ
F1・F2
UFC(総合格闘技)
WWE(プロレス)
PGAツアー(ゴルフ)
ボクシング

など数多くの国内&海外スポーツが見放題に!

スポーツが好きな方なら登録しておいて損はない超便利サービスです。
今後、ネットでスポーツ観戦するなら欠かせないサービスとなりそうな予感。

特に、「男子テニスATPワールドツアー・250シリーズ」「女子テニス」をライブ配信してくれる数少ないサービスなので、ATP250シリーズの大会や大坂なおみ選手の試合が見たい方はぜひ登録しておきましょう!

テレビが見れなくても移動中でも、スマホ・パソコン・タブレット端末・ゲーム機などで楽しめるのでオススメ!

ちなみに、Apple TV、Air Stick 4K、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、ひかりTV、Chromecastなどを使えば、テレビの大画面で見ることもできますよ。

月額料金
通常ユーザー:月額1750円(税抜)
ドコモユーザー:月額980円(税抜)

※初回1か月無料!
※無料期間内の退会なら料金は発生しません。
※クレジットカードを持っていなくてもコンビニ払いで登録可能。

>>DAZN(ダ・ゾーン)に登録する

どこで見るのがオススメ?

ここまでご紹介した通りこの大会は・・・

>>DAZN(ダ・ゾーン)

で視聴するのが一番オススメ!

といいますか、ここでしか見れないと思われます。

ストックホルム・オープン2018とは?

ここからは、大会詳細(男子シングルス)を見てみましょう!

大会名
ストックホルム・オープン2018

開催地
スウェーデン・ストックホルム

試合会場
Kungliga tennishallen

サーフェス
ハードコート / 屋内

ドロー数
28

賞金総額
€612,755

ツアーカテゴリー
ATPワールドツアー・250シリーズ

前回大会の優勝
フアン・マルティン・デル・ポトロ

日程(スケジュール)

1回戦
10月15日(月)、16日(火)

2回戦
10月17日(水)、18日(木)

準々決勝
10月19日(金)

準決勝
10月20日(土)

決 勝
10月21日(日)

出場選手一覧(エントリー)

※男子シングルス。
※追加・変更の可能性あり。
※ランキングは大会開幕時の数字。

(第1シード) 10位 J.イスナー
(第2シード) 13位 F.フォニーニ
(第3シード) 15位 S.チチパス
(第4シード) 17位 J.ソック
(第5シード) 18位 L.プイユ
(第6シード) 26位 チョン ヒョン
(第7シード) 29位 D.シャポバロフ
(第8シード) 30位 F.ベルダスコ

33位 A.デミノール
34位 J.ミルマン
36位 P.コールシュライバー
51位 M.エブデン
59位 T.フリッツ
60位 T.サンドグレン
63位 D.クドラ
64位 M.マルテラー
72位 ダニエル 太郎
77位 G.ガルシアロペス
80位 L.ラツコ
96位 M.コピル
104位 B.クラーン
126位 P.ポランスキー
130位 J.ゾップ
135位 E.イマー
143位 E.ガルビス
182位 A.ポピリン
194位 O.オッテ
290位 M.イマー

ドロー表(組み合わせ)

大会公式ホームページにてドロー表が無料ダウンロード可能!

>>ドロー表(PDF)

歴代優勝者

この大会の男子シングルス歴代優勝選手一覧をご紹介!

1969年 ニコラ・ピリッチ
1970年 スタン・スミス
1971年 アーサー・アッシュ
1972年 スタン・スミス
1973年 トム・ゴーマン
1974年 アーサー・アッシュ
1975年 アドリアーノ・パナッタ
1976年 マーク・コックス
1977年 サンディ・メイヤー
1978年 ジョン・マッケンロー
1979年 ジョン・マッケンロー
1980年 ビョルン・ボルグ
1981年 ジーン・メイヤー
1982年 アンリ・ルコント
1983年 マッツ・ビランデル
1984年 ジョン・マッケンロー
1985年 ジョン・マッケンロー
1986年 ステファン・エドベリ
1987年 ステファン・エドベリ
1988年 ボリス・ベッカー
1989年 イワン・レンドル
1990年 ボリス・ベッカー
1991年 ボリス・ベッカー
1992年 ゴラン・イワニセビッチ
1993年 ミヒャエル・シュティヒ
1994年 ボリス・ベッカー
1995年 トーマス・エンクビスト
1996年 トーマス・エンクビスト
1997年 ヨナス・ビョルクマン
1998年 トッド・マーティン
1999年 トーマス・エンクビスト
2000年 トーマス・ヨハンソン
2001年 チャン・シャルケン
2002年 パラドーン・スリチャパン
2003年 マーディ・フィッシュ
2004年 トーマス・ヨハンソン
2005年 ジェームズ・ブレーク
2006年 ジェームズ・ブレーク
2007年 イボ・カロビッチ
2008年 ダビド・ナルバンディアン
2009年 マルコス・バグダティス
2010年 ロジャー・フェデラー
2011年 ガエル・モンフィス
2012年 トマーシュ・ベルディハ
2013年 グリゴール・ディミトロフ
2014年 トマーシュ・ベルディハ
2015年 トマーシュ・ベルディハ
2016年 フアン・マルティン・デル・ポトロ
2017年 フアン・マルティン・デル・ポトロ

注意事項

・大会日程などはお間違えの無いようにご自身でもしっかりご確認下さい。
・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

「ストックホルム・オープン2018の視聴方法」をご紹介しました!

・2018年10月15日(月)~21日(日)かけてスウェーデン・ストックホルムで開催される、ハードコートの大会。

・日本人選手の出場は、ダニエル太郎選手。

・テレビ放送は無い。

・ネットでは「DAZN(ダ・ゾーン)」でライブ配信+見逃し配信!(初回1か月無料)
※準々決勝からライブ配信。

こんな感じですね!

果たしてどのような結果となるのか・・・!
ダニエル太郎選手の優勝に期待です!

また、そこそこ大物選手も出場するので楽しみですね。

テニスカテゴリの最新記事