全国高校駅伝2020の出場校とテレビ放送日程!無料ライブ配信は?

全国高校駅伝2020の出場校とテレビ放送日程!無料ライブ配信は?

2020年12月20日(日)に行われる・・・

「全国高校駅伝2020の視聴方法」

をご紹介!!!

毎年12月に京都府京都市で開催される駅伝大会で、高校駅伝日本一決定戦。

男子は「第71回全国高等学校駅伝競走大会」、女子は「第32回全国高等学校駅伝競走大会」となります!

毎年数々のドラマが生まれる、この大会ですが果たしてどのような結果となるのか・・・!
とにかくこの大会を楽しみにされている方も多いはず!

では、「全国高校駅伝2020は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

ついでに大会詳細もご紹介!

こんな方にオススメ

・とにかく全国高校駅伝2020が見たい!

・テレビで楽しみたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・ラジオで楽しみたい!

・日程、コース、出場チームなどが知りたい!

テレビ放送・中継予定

早速ですが、全国高校駅伝2020のテレビ放送スケジュールからチェック!

女子

NHK総合(地上波)

放送時間
2020年12月20日(日)10:05~生中継

出演者
解 説:鯉川 なつえ
アナウンサー:三瓶 宏志

男子

NHK総合(地上波)

放送時間
2020年12月20日(日)12:15~生中継

出演者
解 説:尾方 剛
アナウンサー:宮田 貴行

インターネットライブ配信

インターネットでもライブ配信されます!

NHKプラス

こちらで全国高校駅伝2020を男女ともにテレビと同時ライブ配信!(放送後1週間見逃し配信あり)

>>NHKプラス

月額料金
無料

ラジオ放送・中継予定

ラジオでも中継されますので、運転中や作業中にオススメです。

女子

NHKラジオ第1

放送時間
2020年12月20日(日)10:05~生中継

出演者
解 説:千葉 真子
アナウンサー:鳥海 貴樹

男子

NHKラジオ第1

放送時間
2020年12月20日(日)12:15~生中継

出演者
解 説:揖斐 祐治
アナウンサー:稲垣 秀人

どこで見るのがオススメ?

ここまでこの大会の視聴方法をご紹介しましたが、どこで見るのがオススメなのか?

「NHK総合(地上波)」

「NHKプラス」

このあたり楽しむのが一番オススメかなと思います。

全国ネットで地上波中継されますし、インターネットでも無料ライブ配信されるので便利ですね!

大会要項

ここからは大会の詳細をチェック!
まずは大会要項から!

大会名
男子第71回全国高等学校駅伝競走大会
女子第32回全国高等学校駅伝競走大会

主 催 
日本陸上競技連盟
毎 日 新 聞 社

後 援 
スポーツ庁  
NHK

主 管 
京都陸上競技協会
京都府高等学校体育連盟
全国高等学校体育連盟
京 都 府  京 都 府 教 育 委 員 会
京 都 市  京 都 市 教 育 委 員 会
全国高等学校体育連盟陸上競技専門部

日程・スタート時間

日程・スタート時間は・・・

女子

2020年12月20日(日)10:20スタート

男子

2020年12月20日(日)12:30スタート

このように予定されています!

コース・距離

女子

たけびしスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園陸上競技場)をスタート、フィニッシュとするたけびしスタジアム京都付設駅伝コース(女子全国高校駅伝コース)!

5区間:21.0975km 

第1区 6km(たけびしスタジアム京都~衣笠校前)
第2区 4.0975km(衣笠校前~烏丸鞍馬口)
第3区 3km(烏丸鞍馬口~室町小学校前折返し~北大路船岡山)
第4区 3km(北大路船岡山~西大路下立売)
第5区 5km(西大路下立売~たけびしスタジアム京都)

>>コースマップ

男子

たけびしスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園陸上競技場)をスタート、フィニッシュとするたけびしスタジアム京都付設駅伝コース(男子全国高校駅伝コース)!

7区間:42.195km 

第1区 10km(たけびしスタジアム京都~烏丸鞍馬口)
第2区 3km(烏丸鞍馬口~丸太町河原町)
第3区 8.1075km(丸太町河原町~国際会館前)
第4区 8.0875km(国際会館前~丸太町寺町)
第5区 3km(丸太町寺町~烏丸紫明)
第6区 5km(烏丸紫明~西大路下立売)
第7区 5km(西大路下立売~たけびしスタジアム京都)

>>コースマップ

交通規制

レース当日は、コース周辺で交通規制が行われます。
近辺を通る方はご注意下さい。

>>女子コース交通規制図(PDF)

>>男子コース交通規制図(PDF)

出場校一覧

女子

北海道:旭川龍谷
9年連続9回目

青森:青森山田
28年連続28回目

岩手:盛岡誠桜
14年連続14回目

宮城:仙台育英
29年連続29回目

秋田:秋田北鷹
2年連続9回目

山形:山形城北
3年連続29回目

福島:学法石川
8年連続8回目

茨城:茨城キリスト
2年ぶり23回目

栃木:宇都宮文星女子
20年ぶり3回目

群馬:常磐
3年連続20回目

埼玉:昌平
4年連続4回目

千葉:成田
3年連続10回目

東京:錦城学園
3年連続3回目

神奈川:橘
初出場

山梨:山梨学院
12年連続20回目

新潟:新潟明訓
2年連続9回目

長野:長野東
14年連続14回目

富山:富山商
29年連続29回目

石川:星稜
2年連続12回目

福井:鯖江
2年連続6回目

静岡:常葉大菊川
2年連続8回目

愛知:安城学園
初出場

三重:津商
2年ぶり11回目

岐阜:美濃加茂
初出場

滋賀:比叡山
8年連続10回目

京都:立命館宇治
32年連続32回目

大阪:大阪薫英女学院
15年連続15回目

兵庫:須磨学園
3年連続25回目

奈良:智辯カレッジ
4年連続4回目

和歌山:智辯和歌山
初出場

鳥取:鳥取城北
2年連続3回目

島根:平田
10年連続12回目

岡山:興譲館
22年連続22回目

広島:世羅
15年連続15回目

山口:西京
4年連続29回目

香川:高松工芸
3年連続5回目

徳島:富岡東
15年ぶり9回目

愛媛:八幡浜
14年連続14回目

高知:山田
32年連続32回目

福岡:北九州市立
2年ぶり10回目

佐賀:白石
2年連続8回目

長崎:諫早
2年連続26回目

大分:大分東明
6年連続8回目

熊本:千原台
3年連続21回目

宮崎:小林
2年連続19回目

鹿児島:神村学園
5年連続27回目

沖縄:名護
4年連続10回目

男子

北海道:札幌山の手
2年連続12回目

青森:青森山田
5年連続26回目

岩手:一関学院
26年連続30回目

宮城:仙台育英
7年連続31回目

秋田:秋田工
8年連続26回目

山形:東海大山形
4年連続18回目

福島:学法石川
10年連続12回目

茨城:水城
12年連続15回目

栃木:那須拓陽
3年連続11回目

群馬:東農大二
2年連続29回目

埼玉:埼玉栄
4年連続40回目

千葉:八千代松陰
3年連続13回目

東京:國學院久我山
2年連続23回目

神奈川:相洋
初出場

山梨:山梨学院
10年連続20回目

新潟:中越
2年連続16回目

長野:佐久長聖
23年連続23回目

富山:高岡向陵
2年ぶり20回目

石川:遊学館
12年連続13回目

福井:敦賀気比
2年連続2回目

静岡:浜松商
4年ぶり17回目

愛知:豊川
7年連続8回目

三重:四日市工
2年連続18回目

岐阜:益田清風
13年ぶり5回目

滋賀:滋賀学園
3年連続13回目

京都:洛南
6年連続27回目

大阪:大阪
3年ぶり3回目

兵庫:須磨学園
2年連続7回目

奈良:智辯カレッジ
4年連続4回目

和歌山:智辯和歌山
2年連続2回目

鳥取:鳥取城北
6年連続7回目

島根:平田
初出場

岡山:倉敷
43年連続43回目

広島:世羅
17連続50回目

山口:西京
28年連続33回目

香川:小豆島中央
5年連続5回目

徳島:つるぎ
2年ぶり29回目

愛媛:宇和島東
5年ぶり8回目

高知:高知中央
初出場

福岡:大牟田
3年連続43回目

佐賀:鳥栖工
11年連続45回目

長崎:鎮西学院
3年ぶり15回目

大分:大分東明
10年連続19回目

熊本:九州学院
17年連続40回目

宮崎:小林
3年ぶり57回目

鹿児島:鹿児島実
2年連続51回目

沖縄:北山
2年連続9回目

歴代優勝チーム

女子

31回 (2019年)仙台育英(宮城) 1:07’00”
30回 (2018年)神村学園 (鹿児島)1:07’25”
29回 (2017年)仙台育英 (宮城)1:06’35”
28回 (2016年)大阪薫英女学院 (大阪)1:07’24”
27回 (2015年)世羅 (広島)1:07’37”
26回 (2014年)大阪薫英女学院 (大阪)1:07’26”
25回 (2013年)豊川 (愛知)1:06’54”
24回 (2012年)立命館宇治 (京都)1:07’22”
23回 (2011年)豊川 (愛知)1:07’29”
22回 (2010年)興譲館 (岡山)1:07’50”
21回 (2009年)豊川 (愛知)1:08’27”
20回 (2008年)豊川 (愛知)1:07’37”
19回 (2007年)立命館宇治 (京都)1:07’06”
18回 (2006年)須磨学園 (兵庫)1:07’34”
17回 (2005年)興譲館 (岡山)1:06’54”
16回 (2004年)諫早 (長崎)1:07’33”
15回 (2003年)須磨学園 (兵庫)1:07’46”
14回 (2002年)筑紫女学園 (福岡)1:08’24”
13回 (2001年)諫早 (長崎)1:08’10”
12回 (2000年)立命館宇治 (京都)1:08’05”
11回 (1999年)筑紫女学園 (福岡)1:07’59”
10回 (1998年)田村 (福島)1:07’56”
9回 (1997年)埼玉栄 (埼玉)1:07’00”
8回 (1996年)埼玉栄 (埼玉)1:06’26”
7回 (1995年)埼玉栄 (埼玉)1:08’13”
6回 (1994年)仙台育英 (宮城)1:07’54”
5回 (1993年)仙台育英 (宮城)1:07’22”
4回 (1992年)市立船橋 (千葉)1:08’26”
3回 (1991年)筑紫女学園 (福岡)1:08’28”
2回 (1990年)群馬女短大付 (群馬)1:08’51”
1回 (1989年)市立船橋 (千葉)1:09’48”

男子

70回 (2019年)仙台育英(宮城) 2:01’32”
69回 (2018年)倉敷 (岡山)2:02’09”
68回 (2017年)佐久長聖 (長野)2:02’44”
67回 (2016年)倉敷 (岡山)2:02’34”
66回 (2015年)世羅 (広島)2:01’18″大会記録
65回 (2014年)世羅 (広島)2:02’39”
64回 (2013年)山梨学院大附 (山梨)2:03’53”
63回 (2012年)豊川 (愛知)2:02’55”
62回 (2011年)世羅 (広島)2:03’50”
61回 (2010年)鹿児島実 (鹿児島)2:03’59”
60回 (2009年)世羅 (広島)2:04’09”
59回 (2008年)佐久長聖 (長野)2:02’18”
58回 (2007年)仙台育英 (宮城)2:03’55”
57回 (2006年)世羅 (広島)2:03’18”
56回 (2005年)仙台育英 (宮城)2:05’04”
55回 (2004年)仙台育英 (宮城)2:01’32”
54回 (2003年)仙台育英 (宮城)2:02’07”
53回 (2002年)西脇工業 (兵庫)2:04’03”
52回 (2001年)仙台育英 (宮城)2:03’46”
51回 (2000年)大牟田 (福岡)2:04’48”
50回 (1999年)仙台育英 (宮城)2:05’04”
49回 (1998年)西脇工業 (兵庫)2:03’32”
48回 (1997年)西脇工業 (兵庫)2:03’18”
47回 (1996年)報徳 (兵庫)2:05’08”
46回 (1995年)西脇工業 (兵庫)2:05’20”
45回 (1994年)西脇工業 (近畿地区(兵庫))2:03’21”
44回 (1993年)仙台育英 (宮城)2:05’25”
43回 (1992年)西脇工業 (兵庫)2:05’12”
42回 (1991年)大牟田 (福岡)2:06’47”
41回 (1990年)西脇工業 (兵庫)2:05’44”
40回 (1989年)報徳 (近畿地区(兵庫))2:04’49”
39回 (1988年)大牟田 (福岡)2:05’53”
38回 (1987年)埼玉栄 (埼玉)2:05’57”
37回 (1986年)市立船橋 (千葉)2:06’30”
36回 (1985年)報徳 (兵庫)2:06’43”
35回 (1984年)報徳 (兵庫)2:08’05”
34回 (1983年)報徳 (兵庫)2:07’04”
33回 (1982年)西脇工業 (兵庫)2:10’23”
32回 (1981年)報徳 (兵庫)2:10’23”
31回 (1980年)中京商業 (岐阜)2:10’07”
30回 (1979年)中京商業 (岐阜)2:10’55”
29回 (1978年)小林 (宮崎)2:10’57”
28回 (1977年)小林 (宮崎)2:10’43”
27回 (1976年)大牟田 (福岡)2:09’57”
26回 (1975年)大牟田 (福岡)2:09’11”
25回 (1974年)世羅 (広島)2:08’40”
24回 (1973年)小林 (宮崎)2:11’56″7区間 41.795km
23回 (1972年)世羅 (広島)2:12’59”
22回 (1971年)中津商業 (大分)2:11’47”
21回 (1970年)相原 (神奈川)2:11’36”
20回 (1969年)福大大濠 (福岡)2:10’08”
19回 (1968年)小林 (宮崎)2:11’00”
18回 (1967年)中京(現 中京大中京) (愛知)2:11’09”
17回 (1966年)中京商業(現 中京大中京) (愛知)2:09’28”
16回 (1965年)福大大濠 (福岡)2:10’45”
15回 (1964年)盈進 (広島)2:10’10”
14回 (1963年)中京商業(現 中京大中京) (愛知)2:12’47”
13回 (1962年)福大大濠 (福岡)2:13’57”
12回 (1961年)小林 (宮崎)2:13’40”
11回 (1960年)小林 (宮崎)2:13’17”
10回 (1959年)西条農業 (中国地区(広島))2:14’27”
9回 (1958年)常磐 (福岡)2:14’07”
8回 (1957年)小林 (宮崎)2:14’10”
7回 (1956年)常磐 (福岡)2:16’57”
6回 (1955年)飾磨工業 (兵庫)2:17’52”
5回 (1954年)筑紫野(現 福岡農) (福岡)2:18’40”
4回 (1953年)筑紫野(現 福岡農) (福岡)2:15’37”
3回 (1952年)玉名 (熊本)2:18’42”
2回 (1951年)世羅 (広島)1:44’31″6区間 32km
1回 (1950年)世羅 (広島)1:46’57″6区間 32km

注意事項

・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は記事更新時のものなので、今後変更される可能性もありますのでご注意下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

全国高校駅伝2020の視聴方法をご紹介しました!

・毎年12月に京都府京都市で開催される駅伝大会で、高校駅伝日本一決定戦。

・女子2020年12月20日(日)10:20スタート!男子2020年12月20日(日)12:30スタート!

・テレビでは「NHK総合(地上波)」で生中継!

・インターネットでは「NHKプラス」でライブ配信!

・ラジオでは「NHKラジオ第1」で生中継!

このような感じですね!

去年アベック優勝を果たした仙台育英(宮城)に注目です。

どのような結果となるのか楽しみですね。

マラソン・駅伝カテゴリの最新記事