【U18アジア選手権】高校野球日本代表メンバーとテレビ放送日程!無料ライブ配信は?

【U18アジア選手権】高校野球日本代表メンバーとテレビ放送日程!無料ライブ配信は?

つい先日、「夏の甲子園2018(第100回全国高校野球選手権記念大会)」が閉幕しました。

優勝は史上初の2度目の春夏連覇を達成した最強軍団「大阪桐蔭」。
準優勝は快進撃を見せた雑草軍団「金足農業」という結果に。

劇的な試合や接戦が多く、非常に面白い大会でしたね。
大会が終わってしまうと寂しいですが、まだまだ高校野球には楽しみがあります!

そこで今回は高校野球の国際大会となる・・・

「第12回 BFA U18アジア選手権2018の視聴方法」

をご紹介!!!

この大会は、16歳から18歳のアジア各国・地域代表選手たちによるアジアナンバーワン決定戦。
2018年9月3日(月)~9日(日)にかけて、日本の宮崎県で開催。

夏の甲子園で活躍した選手たちを中心に、U-18野球日本代表(高校侍ジャパン)メンバーを選出して挑みます。

もちろん、根尾 昂くん(大阪桐蔭)、藤原 恭大くん(大阪桐蔭)、吉田 輝星くん(金足農)、小園 海斗くん(報徳学園)など、今秋のドラフト指名候補たちも多数選ばれているので、見逃せない大会!

高校野球ロスになっている人に特にオススメですね!
あと、この大会は木製バットで行われるので、木製バットへの適応力もひとつの見どころポイント!

では、「U18アジア選手権2018はどこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

ついでに、大会詳細や代表メンバーもご紹介!

こんな方にオススメ

・高校野球が大好き。甲子園が終わって寂しい。

・「第12回 BFA U18アジア選手権2018」が見たい。

・テレビで楽しみたい。

・インターネットライブ配信で楽しみたい。

・無料で見れる?月額料金は?

テレビ放送・中継予定

早速ですが、この大会の視聴方法をテレビ放送スケジュールからチェック!

BS-TBS

こちらで日本戦を全試合生中継!

>>放送スケジュール

J SPORTS

こちらでも日本戦を全試合放送!(ほとんどが生中継ですが、一部録画放送あり?)

>>放送スケジュール

インターネットライブ配信

この大会は、インターネットライブ配信もあります!

テレビ視聴できない方も、移動中の方もスマホ・パソコン・タブレット端末などで手軽に視聴可能!

AbemaTV(アベマTV)

こちらで日本戦を全試合ライブ配信!(もちろん違法配信ではなく公式な配信)

>>AbemaTV(アベマTV)

配信内容
2018年9月3日(月)から9月9日(日)まで開催される『第12回 BFA U18 アジア野球選手権大会』の日本戦を全試合完全生中継!!
来年のワールドカップにつながる、アジア代表を決める重要な試合が今年は日本(宮崎県)で開催!
夏の甲子園で大フィーバーを巻き起こした金足農業のエース・吉田輝星選手、史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭・根尾昂選手、柿木蓮選手、藤原 恭大選手、2年生ながら昨年のU18にも選出された報徳学園・小園海斗選手、大谷翔平2世の呼び声高い浦和学院のエース・渡邉勇太朗選手、夏の甲子園で150キロ台のストレートを連発した星陵の2年生エース・奥川恭伸選手など、今年の高校野球をアツく盛り上げた注目選手たちが出場!
甲子園の熱気そのままに、日本を代表して戦う高校球児たちの勇姿を「AbemaTV」でご覧ください!
*予定は変更になる可能性があります

月額料金
登録不要&無料

利用方法
>>AbemaTV(アベマTV)

こちらへアクセスして・・・

・パソコンの方はサイト上でそのまま視聴可能!
・スマホ&タブレット端末の方は専用のアプリをダウンロードして視聴可能!

となります!

いずれも登録不要&無料です。

配信チャンネルが分からない場合は、「U18 アジア野球選手権大会」で検索すれば出てきます。

どこで見るのがオススメ?

ここまで大会の視聴方法をご紹介しましたが、どこで見るのがオススメなのかというと・・・

AbemaTV(アベマTV)>BS-TBS>J SPORTS

こんな感じでしょうか?

基本的にこの3つなら日本戦は全て楽しめます。

一番手軽という意味では、やはり「AbemaTV(アベマTV)」での無料ライブ配信が最強かな?

大会概要

ここからは、大会の詳細をご紹介!
まずは大会概要から。

大会名
2018年第12回 BFA U18アジア選手権

期 間
2018年9月3日~9月9日

開催地
日本(宮崎)

会 場
・KIRISHIMA サンマリンスタジアム宮崎
・宮崎市生目の杜運動公園 アイビースタジアム

出場国・グループ分け

グループA
日本、香港、韓国、スリランカ

グループB
中国、チャイニーズ・タイペイ、パキスタン、インドネシア

仕組み・ルール

試合方式
・1試合9回制。
・DHあり。
・コールド 5回15点差、又は7回10点差以上(決勝以外適用)。
・ゲーム成立 5回(ホームチームがリードの場合は5回表終了時でゲーム成立)。
・延長:10回から延長戦 ノーアウト1、2塁にランナーを置いてスタート(打順は9回終了時の打順を引き継ぐ)。

球数制限
【1~49球】連投可能
【50~104球】中1日投球不可
【105球~】中4日投球不可

・連投は3日間まで(2日間で49球以下)。
・2日合計50球以上は中1日投球不可。
・4連投は不可。
・105球が上限(105球目の打者が終わるまで投球可)。
・上記投球不可の日は野手として出場できる。

勝敗が並んだ場合の順位決定方法
※1から5の順番で決定

1.該当チームの直接対決の結果。
2.該当チーム間の試合結果でTQB(得点率-失点率)を算出し下位1チームを確定、残ったチームの直接対決の結果で順位確定。
3.自責点のみをカウントしたTQB(得点率-失点率)を算出し下位1チームを確定、残ったチームの直接対決の結果で順位確定。
4.チーム打率で順位確定。
5.コイントス。

日程・組み合わせ

※雨天順延などで変更の可能性あり。

予選ラウンド

グループA
2018年9月3日(月)13:00「韓国 – スリランカ」アイビースタジアム
2018年9月3日(月)18:00「日本 – 香港」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月4日(火)14:30「韓国 – 香港」アイビースタジアム
2018年9月4日(火)18:00「スリランカ – 日本」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月5日(水)14:30「香港 – スリランカ」アイビースタジアム
2018年9月5日(水)18:00「日本 – 韓国」サンマリンスタジアム宮崎

グループB
2018年9月3日(月)9:30「パキスタン – 中国」アイビースタジアム
2018年9月3日(月)13:00「インドネシア – チャイニーズタイペイ」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月4日(火)10:00「中国 – インドネシア」アイビースタジアム
2018年9月4日(火)13:00「チャイニーズタイペイ – パキスタン」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月5日(水)10:00「パキスタン – インドネシア」アイビースタジアム
2018年9月5日(水)13:00「中国 – チャイニーズタイペイ」サンマリンスタジアム宮崎

スーパーラウンド

2018年9月7日(金)13:00「韓国 – 中国」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月7日(金)18:00「チャイニーズ・タイペイ – 日本」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月8日(土)13:00「チャイニーズ・タイペイ – 韓国」サンマリンスタジアム宮崎
2018年9月8日(土)18:00「日本 – 中国」サンマリンスタジアム宮崎

3位決定戦

2018年9月10日(月)13:00「日本 – 中国」サンマリンスタジアム宮崎

決勝戦

2018年9月10日(月)18:00「チャイニーズ・タイペイ – 韓国」サンマリンスタジアム宮崎

U-18野球日本代表メンバー

※追加・変更される可能性もあります。
※左から背番号、名前、高校名、学年。

投手

11 柿木 蓮 (大阪桐蔭) 3年
13 板川 佳矢 (横浜) 3年
14 渡邉 勇太朗 (浦和学院) 3年
15 野尻 幸輝 (木更津総合) 3年
16 吉田 輝星 (金足農) 3年
18 市川 悠太 (明徳義塾) 3年
19 山田 龍聖 (高岡商) 3年
17 奥川 恭伸 (星稜) 2年

捕手

10 小泉 航平 (大阪桐蔭) 3年
22 根来 龍真 (常葉大菊川) 3年

内野手

1 中川 卓也 (大阪桐蔭) 3年
2 日置 航 (日大三) 3年
5 根尾 昂 (大阪桐蔭) 3年
7 小園 海斗 (報徳学園) 3年
8 奈良間 大己 (常葉大菊川) 3年

外野手

21 蛭間 拓哉 (浦和学院) 3年
24 峯 圭汰 (創成館) 3年
28 藤原 恭大 (大阪桐蔭) 3年

監督・コーチ

監督:永田 裕治(公益財団法人日本高等学校野球連盟 技術・振興委員会委員)
ヘッドコーチ:仲井 宗基(八戸学院光星高等学校 野球部監督)
コーチ:平川 敦(北海高等学校 野球部監督)
コーチ:小針 崇宏(作新学院高等学校 野球部監督)

注意事項

・大会日程などはお間違えの無いようにご自身でもしっかりご確認下さい。
・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は、記事更新時点でのもの。変更の可能性あり。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

「第12回 BFA U18アジア選手権2018の視聴方法」をご紹介しました!

・16歳から18歳のアジア各国・地域代表選手たちによる野球アジアナンバーワン決定戦。

・2018年9月3日(月)~9日(日)にかけて、日本の宮崎県で開催。

・夏の甲子園で活躍した選手たちが集結。

・テレビなら「BS-TBS」「J SPORTS」で生中継。

・インターネットなら「AbemaTV(アベマTV)」でライブ配信。

このような感じですね!

今大会に参加する日本代表メンバーは、夏の甲子園で活躍した選手を中心に、プロ注目のドラフト指名候補である逸材ばかり。

もの凄いメンバーが揃っていますので、ぜひお楽しみ下さい!

高校野球カテゴリの最新記事