【世界バレー女子2018】テレビ放送日程と無料ネットライブ配信!日本代表メンバー一覧!

【世界バレー女子2018】テレビ放送日程と無料ネットライブ配信!日本代表メンバー一覧!

女子バレーボールの国際大会となる・・・

「世界バレー2018女子大会の視聴方法」

をご紹介!!!

2018年9月29日(土)~10月20日(土)にかけて、日本で開催されます。

正式名称は「バレーボール女子世界選手権2018」と呼ばれる大会。
4年に一度の開催で、国際バレーボール連盟が主催するバレーボールの世界一決定戦。
国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり最も伝統のある大会です。

厳しい予選を勝ち抜いてきた24か国が参加と、オリンピックよりも参加国が多いレベルの高い大会。
この大会で優勝してこそ真の世界一でしょう!

「女子バレー日本代表(火の鳥NIPPON)」も出場!

最近は若い選手も経験を積んでおり、2020年東京オリンピックへ向けて強化中。
表彰台にも期待したいところ。
中田久美監督の手腕に期待ですね。

では、「世界バレー2018女子大会は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

ついでに大会の詳細もご紹介!

こんな方にオススメ

・とにかく世界バレー2018女子大会が見たい!

・テレビで楽しみたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・どこで見るのがオススメ?

・日程や時間、組み合わせは?

テレビ放送・中継予定

早速ですが、この大会のテレビ放送予定をチェック!

※放送予定は変更の可能性あり!

TBS系列(地上波)

9月29日(土)19:00~21:00 (延長あり)「日本×アルゼンチン」
9月30日(日)19:00~21:00 (延長あり)「日本×オランダ」
10月1日(月)19:00~21:00 (延長あり)「日本×メキシコ」
10月3日(水)19:00~21:00 (延長あり)「日本×カメルーン」
10月4日(木)19:00~21:00 (延長あり)「日本×ドイツ」
10月7日(日)19:00~21:00 (延長あり)「第2次ラウンド日本戦①」
10月8日(月)19:00~21:00 (延長あり)「第2次ラウンド日本戦②」
10月10日(水)19:00~21:00 (延長あり)「第2次ラウンド日本戦③」
10月11日(木)19:00~21:00 (延長あり)「第2次ラウンド日本戦④」
10月14日(日)18:30~21:00 (延長あり)「第3次ラウンド日本戦①」※日本進出時
10月15日(月)19:00~21:00 (延長あり)「第3次ラウンド日本戦②」※日本進出時
10月19日(金)19:00~20:57 (延長あり)「ファイナルラウンド準決勝または5-6位決定戦」※日本進出時
10月20日(土)17:00~19:00 (延長あり)「ファイナルラウンド決勝または3位決定戦」※日本進出時
10月20日(土)19:00~21:00 (延長あり)「ファイナルラウンド決勝または3位決定戦」※日本進出時

日本戦は全試合地上波中継される感じですね!

BS-TBS

10月2日(火)23:00~23:54
10月5日(金)23:00~23:54
10月6日(土)16:00~16:54
10月9日(火)23:00~23:54
10月12日(金)23:00~23:54
10月13日(土)23:00~23:54
10月16日(火)23:00~23:54
10月18日(木)23:30~24:00
10月20日(土)19:00~21:24「決勝※日本進出時は地上波」

こちらは連日ハイライトを放送!
日本以外が決勝進出した場合、決勝を中継!

インターネットライブ配信

この大会はどうやらインターネットライブ配信があるようです!

しかも無料ライブ配信とのことでオススメかも!

TVer(ティーバー)

こちらで日本戦全試合?をライブ配信!

>>TVer(ティーバー)

TBS系列(地上波)で放送される映像をインターネット同時配信するため、テレビと同じ映像がネットで見れる感じですね。

スマホ・パソコン・タブレット端末などでお楽しみください!

しかも無料です。

どこで見るのがオススメ?

世界バレー2018女子大会はどこで見るのがオススメなのかですが・・・

「TBS系列(地上波)」

「TVer(ティーバー)」

このどちらかで見るのがオススメ!

基本的にTBS系の独占放送であり、ネットではTVer(ティーバー)で見れるようにしてくれているみたいですね!

仕組み・ルール

ここからは、大会の詳細をご紹介!
まずは仕組み・ルールから!

1次ラウンド

24チームが6チームずつ4つの組に分かれ、1回総当りリーグ戦を行う。各組の最終成績上位4チーム(計16チーム)が第2次ラウンドに進出する。

2次ラウンド

16チームが8チームずつ2つの組に分かれ、1次ラウンドの他の組から勝ち上がった4チームと対戦する。同組だったチームとは対戦しないが、1次ラウンドでの対戦成績が2次ラウンドの成績に加算される。各組の最終成績上位3チーム(計6チーム)が3次ラウンドへ進出する。

3次ラウンド

6チームが3チームずつ2つの組に分かれ、1回総当り戦を行う。各組の最終成績上位2チーム(計4チーム)は準決勝へ進み、最下位1チーム(計2チーム)は5-6位決定戦に回る。

決勝ラウンド

3次ラウンド各組の上位2チーム(計4チーム)が準決勝を戦い、勝利したチーム同士が決勝戦、敗れたチーム同士が3位決定戦を戦う。

出場国

※(○○位)は世界ランキング!

南米代表

アルゼンチン (11位)
ブラジル (4位)

ヨーロッパ代表

アゼルバイジャン (24位)
ブルガリア (17位)
ドイツ (13位)
イタリア (7位)
オランダ (8位)
ロシア (5位)
セルビア (3位)
トルコ (12位)

北中米代表

カナダ (19位)
キューバ (25位)
ドミニカ共和国 (9位)
メキシコ (26位)
プエルトリコ (13位)
トリニダード・トバゴ (34位)
アメリカ (2位)

アジア代表

中国 (1位)
日本 (6位)
カザフスタン (21位)
韓国 (10位)
タイ (16位)

アフリカ代表

カメルーン (18位)
ケニア (33位)

組み合わせ(プール分け)

1次ラウンドのプール分け!

Pool A

アルゼンチン
カメルーン
ドイツ
日本
メキシコ
オランダ

Pool B

ブルガリア
カナダ
中国
キューバ
イタリア
トルコ

Pool C

アゼルバイジャン
ロシア
韓国
タイ
トリニダード・トバゴ
アメリカ合衆国

Pool D

ブラジル
ドミニカ共和国
カザフスタン
ケニア
プエルトリコ
セルビア

試合会場

試合は日本各地で行われます!

・北海道立総合体育センター
・横浜アリーナ
・グリーンアリーナ神戸
・大阪市中央体育館
・名古屋市総合体育館
・浜松アリーナ

女子日本代表の日程・時間

※日本時間!

1次ラウンド

9/29(土)19:10~
日本-アルゼンチン
(横浜アリーナ)

9/30(日)19:10~
日本-オランダ
(横浜アリーナ)

10/1(月)19:10~
日本-メキシコ
(横浜アリーナ)

10/3(水)19:10~
日本-カメルーン
(横浜アリーナ)

10/4(木)19:10~
日本-ドイツ
(横浜アリーナ)

2次ラウンド

10/7(日)19:20~
日本-ドミニカ共和国
(日本ガイシホール)

10/8(月)19:20~
日本-プエルトリコ
(日本ガイシホール)

10/10(水)19:20~
日本-セルビア
(日本ガイシホール)

10/11(木)19:20~
日本-ブラジル
(日本ガイシホール)

3次ラウンド

10/14(日)19:20~
日本-セルビア
(日本ガイシホール)

10/15(月)19:20~
日本-イタリア
(日本ガイシホール)

決勝ラウンド

◆5位決定戦
10/19(金)19:20~
日本-アメリカ
(横浜アリーナ)

女子日本代表メンバー(火の鳥NIPPON)

※この大会に参加するメンバー!
※変更の可能性あり!

セッター

冨永 こよみ(埼玉上尾メディックス)
1989/05/01
175cm/68kg

佐藤 美弥(日立リヴァーレ)
1990/03/07
175cm/62kg

田代 佳奈美(CSMブカレスト)
1991/03/25
173cm/66kg

宮下 遥(岡山シーガルズ)
1994/09/01
177cm/61kg

ウイングスパイカー

新鍋 理沙(久光製薬スプリングス)
1990/07/11
173cm/64kg

石井 優希(久光製薬スプリングス)
1991/05/08
180cm/68kg

長岡 望悠(久光製薬スプリングス)
1991/07/25
179cm/64kg

野本 梨佳(久光製薬スプリングス)
1991/09/21
180cm/72kg

内瀬戸 真実(トヨタ車体クインシーズ)
1991/10/25
170cm/74kg

堀川 真理(東レアローズ)
1992/05/03
183cm/72kg

高橋 沙織(トヨタ車体クインシーズ)
1992/12/09
177cm/66kg

鍋谷 友理枝(デンソーエアリービーズ)
1993/12/15
176cm/55kg

今村 優香(久光製薬スプリングス)
1993/09/02
176cm/69kg

井上 愛里沙(久光製薬スプリングス)
1995/05/08
178cm/66kg

古賀 紗理那(NECレッドロケッツ)
1996/05/21
180cm/67kg

黒後 愛(東レアローズ)
1998/06/14
180cm/69kg

荒谷 栞(NECレッドロケッツ)
1998/09/22
173cm/61kg

中川 美柚(久光製薬スプリングス)
2000/01/08
180cm/65kg

ミドルブロッカー

荒木 絵里香(トヨタ車体クインシーズ)
1984/08/03
186cm/81kg

松本 亜弥華(埼玉上尾メディックス)
1988/12/26
188cm/68kg

岩坂 名奈(久光製薬スプリングス)
1990/07/03
187cm/75kg

奥村 麻依(ナコンラチャシマ)
1990/10/31
177cm/69kg

芥川 愛加(JTマーヴェラス)
1991/04/03
180cm/62kg

島村 春世(NECレッドロケッツ)
1992/03/04
182cm/78kg

リベロ

井上 琴絵(CSMブカレスト)
1990/02/15
162cm/55kg

山岸 あかね(埼玉上尾メディックス)
1991/01/08
165cm/55kg

小幡 真子(JTマーヴェラス)
1992/08/15
164cm/56kg

中川 有美(公益財団法人日本バレーボール協会)
1993/11/12
166cm/59kg

戸江 真奈(久光製薬スプリングス)
1994/05/18
163cm/58kg

監督

中田 久美

歴代優勝国一覧

1952年(第1回)ソビエト連邦
1956年(第2回)ソビエト連邦
1960年(第3回)ソビエト連邦
1962年(第4回)日本
1967年(第5回)日本
1970年(第6回)ソビエト連邦
1974年(第7回)日本
1978年(第8回)キューバ
1982年(第9回)中国
1986年(第10回)中国
1990年(第11回)ソビエト連邦
1994年(第12回)キューバ
1998年(第13回)キューバ
2002年(第14回)イタリア
2006年(第15回)ロシア
2010年(第16回)ロシア
2014年(第17回)アメリカ合衆国

まとめ

世界バレー2018女子大会の視聴方法をご紹介しました!

・4年に一度の開催で、国際バレーボール連盟が主催するバレーボールの世界一決定戦。

・オリンピックより参加国が多く、優勝するのが大変な大会。

・2018年9月29日(土)~10月20日(土)にかけて日本で開催。

・「女子バレー日本代表(火の鳥NIPPON)」も出場。

・テレビなら「TBS系列(地上波)」で生中継されます。

・インターネットなら「TVer(ティーバー)」でライブ配信されます。

このような感じですね!

女子は世界的に強豪国の部類なので、表彰台の可能性も十分!
特に若い選手に注目したい大会ですね!

頑張って欲しいです!!!

バレーボールカテゴリの最新記事