【横浜DeNAベイスターズ戦】無料ネット中継&テレビ放送予定まとめ!

【横浜DeNAベイスターズ戦】無料ネット中継&テレビ放送予定まとめ!

プロ野球2018が、いよいよ2018年3月30日(金)に開幕!

今回は・・・

”横浜DeNAベイスターズ戦2018の視聴方法”

をご紹介!!!

昨シーズンは、セ・リーグ3位からクライマックスシリーズを制覇!
日本シリーズ出場を果たす大躍進となりました。

強さとともに人気も右肩上がりの将来性あるチーム。
若手選手が豊富なチームでもあります。

強力クリーンアップと先発左腕の充実が強み。
今シーズンは、阪神タイガースからFA移籍してきた大和選手、ドラフト1位ルーキー東克樹投手あたりの活躍に期待が集まるところ。

そんな横浜DeNAベイスターズの試合ですが、現地観戦出来ない方はテレビ・ネット・ラジオで観戦することになりますよね!

という事で、「横浜DeNAベイスターズの2018年のシーズン公式戦はどこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

こんな方にオススメ

・とにかくベイスターズ戦が見たい!

・プレイボールから試合終了まで見たい!

・ビジターゲームも見たい!

・神奈川以外でもベイスターズ戦が見たい!

・テレビで楽しみたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・ラジオで楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・どこで見るのがオススメなのか知りたい!

テレビ放送・中継予定

テレビならどこで見れるのか?

地上波

NHK総合(全国or横浜)、TBSに加え、テレビ神奈川などの地方局で生中継されることが多いです。

あまり地上波中継は多くないです。
特に、ビジターゲームは見れない試合も多くなるかと・・・
またプレイボールから試合終了まで見れないこともほとんど。

地上波に関しては、住んでいる地域によって大きく異なるため、番組表をお調べ下さい。

BS

NHK-BS1、BS-TBSなどで生中継!

プロ野球セット(TBSチャンネル2)

「スカパー!プロ野球セット」で、ベイスターズ戦を全試合プレイボールから試合終了まで生中継!

※「スカパー!プロ野球セット」なら、セ・パ12球団の全試合が見れるので、ホームゲームに加え、ビジターゲームやライバル球団の試合も見れちゃいます!

テレビで楽しむなら一番オススメの視聴方法ですね。

再放送もあるので見逃しても安心!

>>スカパー!への登録はこちら

ベイスターズのホームゲームだけでいいよ。という方は、「TBSチャンネル2」での放送となります!

>>放送スケジュール

インターネットライブ配信

インターネットならどこで見れるのか?

AbemaTV(アベマTV)

こちらではベイスターズのホームゲームを全試合ライブ配信+見逃し配信!

>>AbemaTV(アベマTV)

※ビジターゲームは見れません。

月額料金
無料&登録不要

DAZN(ダ・ゾーン)

こちらではベイスターズのホームゲームを全試合ライブ配信+見逃し配信!

さらに、巨人を除く11球団のホームゲームが配信対象なので、巨人以外とのビジターゲームも視聴可能!(つまり巨人のホームゲーム以外はほぼ全て視聴可能)

ビジターゲームも見るなら断然こちらですね!

>>DAZN(ダ・ゾーン)

今話題のスポーツ配信サービスであり、登録すれば・・・

テニス
Jリーグ
ブンデスリーガ(ドイツ)
プレミアリーグ(イングランド)
ラ・リーガ(スペイン)
リーグアン(フランス)
セリエA(イタリア)
Bリーグ(バスケ)
プロ野球(巨人を除くセ・パ11球団)
MLB(メジャーリーグ)
NFL(アメフト)
Vプレミアリーグ(バレー)
ラグビートップリーグ
F1・F2
UFC(総合格闘技)
WWE(プロレス)
PGAツアー(ゴルフ)

など数多くの国内&海外スポーツが見放題に!

特に国内海外問わず、プロ野球&サッカーコンテンツが非常に充実しているのが特徴。

野球好きなら日本プロ野球+メジャーリーグが楽しめ、サッカー好きならJリーグ+欧州リーグが楽しめる!

プロ野球配信対象球団
広島東洋カープ(広島県内の主催試合ライブ配信は除く)
阪神タイガース
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
福岡ソフトバンクホークス
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
※巨人は交渉中とのこと!

スポーツが好きな方なら登録しておいて損はない超便利サービスです。
今後、ネットでスポーツ観戦するなら欠かせないサービスとなりそうな予感。

テレビが見れなくても移動中でも、スマホ・パソコン・タブレット端末、ゲーム機などで楽しめるのでオススメ!

ちなみに、Apple TV、Air Stick 4K、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、ひかりTV、Chromecastなどを使えば、テレビの大画面で見ることもできますよ。

月額料金
通常ユーザー:月額1750円(税抜)
ドコモユーザー:月額980円(税抜)

※初回1か月無料!
※無料期間内の退会なら料金は発生しません。

>>DAZN(ダ・ゾーン)に登録する

ニコニコ生放送

こちらではベイスターズのホームゲームを全試合ライブ配信+見逃し配信!

>>ニコニコ生放送

※ビジターゲームは見れません。

月額料金
無料

※プレミアム会員登録は月額540円(税込)。

ラジオ放送・中継予定

ラジオはどこで聴けるのか?

基本的にベイスターズ戦はラジオ中継が少ないです。

あるとすれば、

・NHKラジオ第一

くらいかな?

あとは対戦相手がどこのチームか次第なところもあります。

また、住んでいる地域によって大きく異なるため、地元番組表をお調べ下さい。

どこで見るのがオススメ?

ここまで”ベイスターズ戦2018の視聴方法”をご紹介しましたが、どこで見るのがオススメなのか?

オススメなのは・・・

スカパー!プロ野球セット>AbemaTV(アベマTV)>DAZN(ダ・ゾーン)>ニコニコ生放送>地上波

このような順番かなと思います。

やはり「スカパー!プロ野球セット」は、テレビで12球団全試合を見れるのでオススメ!
月額料金が高めなのがネック。

もっと手軽に安く見たい場合は、「DAZN(ダ・ゾーン)」でのインターネットライブ配信がオススメ!
巨人のホームゲーム以外はほぼ全ての試合が見れます。

このどちらかに登録しておけば、プレイボールから試合終了までベイスターズ戦をホーム&ビジターゲーム含め、楽しめると思われます♪

ホームゲームだけでいい場合は、ベイスターズは「AbemaTV(アベマTV)」「ニコニコ生放送」で無料視聴可能なので便利です。

横浜DeNAベイスターズとは?

球団名
横浜DeNAベイスターズ

会社名
株式会社横浜DeNAベイスターズ

創設年度
1950年

所属リーグ
セントラル・リーグ

歴代チーム名
大洋ホエールズ(1950年 – 1952年)
松竹ロビンスと対等合併
大洋松竹ロビンス(1953年)
洋松ロビンス(1954年)
大洋ホエールズ(1955年 – 1977年)
横浜大洋ホエールズ(1978年 – 1992年)
横浜ベイスターズ(1993年 – 2011年)
横浜DeNAベイスターズ(2012年 – 現在)

本拠地
横浜スタジアム(神奈川県横浜市中区)

収容人員
29,000 人

試合日程・時間(スケジュール)

ベイスターズの試合スケジュールは、公式ホームページでチェックできます!

>>試合スケジュール

選手一覧

ベイスターズの選手や監督・コーチなども公式ホームページでチェックできます!

>>メンバー一覧

獲得タイトル

日本一(2回)
1960 1998

リーグ優勝(2回)
1960 1998

過去の10年の順位

2008年 6位
2009年 6位
2010年 6位
2011年 6位
2012年 6位
2013年 5位
2014年 5位
2015年 6位
2016年 3位
2017年 3位

注意事項

・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は記事更新時のものなので、今後変更される可能性もありますのでご注意下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

”横浜DeNAベイスターズ2018の視聴方法”をご紹介しました!

・地上波テレビでの生中継は少ない。

・「スカパー!プロ野球セット」なら、ベイスターズ戦を含む、セ・パ12球団全試合が視聴可能!

・「DAZN(ダ・ゾーン)」でのネット視聴なら、ベイスターズのホームゲームを含む、巨人を除く11球団のホームゲームが視聴可能!

・ベイスターズのホームゲームだけなら、「AbemaTV(アベマTV)」「ニコニコ生放送」で無料視聴可能!

・ラジオでの生中継は少ない。

このような感じでしょうか!

どんどん強くなっているベイスターズ。
今シーズンはさらに楽しみですね。

そろそろ優勝も期待したいところ。

果たして何位でシーズンを終えるのか・・・!

頑張れ!ベイスターズ!

プロ野球カテゴリの最新記事