【バドミントン】ジャパンオープン2018のテレビ放送日程!組み合わせ(ドロー)は?

【バドミントン】ジャパンオープン2018のテレビ放送日程!組み合わせ(ドロー)は?

バドミントンの国際大会(ワールドツアー)となる・・・

「ジャパンオープン2018バドミントン選手権大会の視聴方法」

をご紹介!!!

2018年9月11日(火)~16日(日)にかけて、日本の武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナで開催されます!

正式名称は「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会」。

世界ランキング上位の選手たちのみが出場できる注目の大会。

日本からも桃田賢斗選手、奥原希望選手、髙橋礼華選手、松友美佐紀選手、永原和可那選手、松本麻佑選手など、男女ともにトップ選手が出場します。

2020年東京オリンピックでのメダルラッシュも期待される競技だけに、この大会はぜひ注目したい戦いですよね!

もちろんテレビなどで視聴可能です。

では、「この大会は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

また、ついでに大会の詳細も記載!

テレビ放送・中継予定

早速ですが、「ジャパンオープン2018バドミントン選手権大会の視聴方法」をテレビ放送スケジュールからチェック!

9/11 (火)
9:50~16:30 <J SPORTS3>

9/12 (水)
9:55~16:30 <J SPORTS3>

9/13 (木)
9:55~17:30 <J SPORTS3>

9/14 (金)
9:55~19:00 <J SPORTS3>

9/15 (土)
15:00~16:25 <テレビ朝日系列24局ネット>
16:25~17:55 <BS朝日>
21:30~26:30 <J SPORTS1>

9/16 (日)
7:00~11:00 <J SPORTS1>
13:55~15:20 <テレビ朝日系列24局ネット>
15:20~16:54 <BS朝日(最大19:30まで延長)>
19:00~26:00 <J SPORTS2>

インターネットライブ配信予定

「ジャパンオープン2018バドミントン選手権大会」はインターネットライブ配信されます!

スマホ・パソコン・タブレット端末などで視聴可能!

J SPORTSオンデマンド

1回戦から決勝まで全日程を配信するようです!

>>J SPORTSオンデマンド

おそらくテレビ版J SPORTSと同じ配信スケジュールかなと思われます。

月額料金
通常:月額1800円(税抜)
U25割:900円(税抜)

※バドミントンパック

どこで見るのがオススメ?

この大会はどこで見るのがオススメかですが・・・

主に、「J SPORTS」「J SPORTSオンデマンド」での放送・配信となりますが、準決勝や決勝などは「テレビ朝日系列24局ネット」「BS朝日」での中継となりそうですね!

なので、全部見たいなら全部チェックしておいた方が良いかと思います。

大会概要

ここからは大会の詳細をご紹介!
まずは大会概要から!

大会名
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018
バドミントン選手権大会
Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

会 期
2018年9月11日(火)~16日(日)

会 場
武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ(調布市)

主 催
公益財団法人日本バドミントン協会(NBA)

公 認
世界バドミントン連盟(BWF)

主 管
東京都バドミントン協会

後 援
東京都

冠協賛
ダイハツ工業株式会社、ヨネックス株式会社

協賛
イフイング株式会社、株式会社再春館製薬所、ライフカード株式会社、リンナイ株式会社、サイバーステップ株式会社、日本ユニシス株式会社、Hazuki Company株式会社、東日本電信電話株式会社

賞金総額
US$ 700,000

競技種目
男子単・男子複・女子単・女子複・混合複

エントリー数
メインドロ-32枠

日程・時間(スケジュール)

※あくまで目安!

9月11日(火)10:00~
男子シングルス、女子シングルス、混合ダブルス 1回戦 

9月12日(水)10:00~
男子ダブルス、女子ダブルス 1回戦 

9月13日(木)10:00~
各種目 2回戦 

9月14日(金)10:00~
各種目 準々決勝 

9月15日(土)10:00~
各種目 準決勝 

9月16日(日)11:30~
各種目 決勝 

出場選手一覧(エントリー)

※追加・変更の可能性あり!

男子シングルス

ビクター・アクセルセン
シー・ユーチー
ソン・ワンホ
チョウ・ティエンチェ
スリカンス・K
桃田 賢斗
チェン・ロン
リン・ダン
ン・カロン・アングス
H. S. プラノイ
アンソニー・シニスカ・ギンティング
トミー・スギアルト
西本 拳太
ヨナタン・クリスティ
アンダース・アントンセン
ワン・ツーウェイ
カンタフォン・ワンチャロン
サミール・ヴェルマ
コシット・フェトラダブ
ブリース・レヴェルデズ
ワン・ウィンキ・ヴィンセント
ハンス・クリスチャン・ソルバーグ・ヴィッティンフス
坂井 一将
B. サイ・プラニース
常山 幹太
スパニュ・アヴィヒンサノン
ラスムス・ゲンケ
マーク・カルジュー
ファン・ユーシャン
イ・ドンクン
シュー・ジェンハオ
キャオ・ビン
タノンサック・サエンソンボーンスク
リー・チュックユー
ヤン・ウ・ヨルゲンセン
チョン・ウェイフェン
シットヒコム・タンマシン
フー・ユン
ミーシャ・ジルバーマン
ソニ・ドゥイ・クンチョロ
イスカンダー・ズルカーナイン
ジェイソン・アンソニー・ホーシュエ
ユエハン・ワン
カン・チャオユ
マシュー・フォガーティ
レイモンド・ウェブスター
ジョナタン・ウー・ツェン

女子シングルス

タイ・ツーイン
山口 茜
プサルラ・V・シンドゥ
ラチャノック・インタノン
チェン・ユーフェイ
奥原 希望
ヘ・ビンジャオ
キャロリーナ・マリン
スン・ジヒュン
サイナ・ネワル
髙橋 沙也加
ニッチャオン・ジンダポル
ツァン・ベイウェン
ガオ・ファンジェ
ミシェル・リー
大堀 彩
佐藤 冴香
チュン・ガンイ
ミア・ブリッチフェルト
ポルンパウィ・チョチュウォン
グレゴリア・マリスカ・トゥンジュン
カースティ・ギルモア
三谷 美菜津
パイ・ユーポ
ゴー・ジンウェイ
カイ・ヤンヤン
チェン・シャオシン
エフゲーニャ・コセツカヤ
イップ・プイイン
リー・チャーシン
ソニア・チア
川上 紗恵奈
リアニー・アレッサンドラ・マイナキー
ヴァイシュナヴィ・レッディ・ジャッカ
クセニア・ポリカプロワ
イザベル・ツォン

男子ダブルス

ケビン・S・スカムルヨ/マルクス・F・ギデオン
ツァン・ナン/リュウ・チェン
マシアス・ボー/カルステン・モゲンセン
園田 啓悟/嘉村 健士
リー・ジュンホゥイ/リゥ・ユチェン
井上 拓斗/金子 祐樹
キム・アストルプ/アンダース・スカールプ・ラスムセン
ファジャル・アルフィアン/ムハマド・リアン・アルディアント
リャオ・ミンチュン/スー・チンヘン
リー・ヤン/リー・ジェフェイ
ウラジミール・イワノフ/イワン・ソゾノフ
遠藤 大由/渡辺 勇大
タン・ウィーキョン/ゴー・V シェム
チェン・フンリン/ワン・チーリン
ベリー・アングリアワン/ハルディアント・ハルディアント
モハマド・アッサン/ヘンドラ・セティアワン
アンガ・プラタマ/リッキー・カランダスワルディ
ワーユ・ナヤカ・アリャ・パンカリャニラ/アデ・ユスフ・サントソ
保木 卓朗/小林 優吾
へ・ジティン/タン・チャン
ティン・イスリヤネット/キッティサク・ナムダシュ
ハン・チェンカイ/ツォウ・ハオドン
サトウィクサイラジ・ランキレッディ/チラーグ・シェッティ
オン・ヨーシン/ティオ・エーイ
チュン・イソク/キム・ドギョン
マヌ・アットリ/B. スミース・レッディ
ジェイソン・アンソニー・ホーシュエ/ニル・ヤクラ
マーク・ラムスフス/マーヴィン・エミル・シーデル
ヨッヘ・ツアボンネ/ヨネス・ラルフィ・ヤンセン
ロビン・テーベリング/イェレ・マース
ヌー・モハマド・アズリン・アユブ・アズリン/モハマド・アリフ・アブ・ラティフ・アリフ
ソ・スンジェ/キム・ウンホ
ラムチャンドラン・シュロク/アルジュン・M.R.
デチャポン・プアヴァラヌクロー/キッティヌポン・ケドレン
マニーポン・ジョングジット/ボディン・イサラ
インカラット・アピスク/タヌパット・ヴィリヤンクラ
タン・チュンマン/リー・チュンヘ・レギナルド
チューイ・カーミン/ロウ・ジャンシェン
パキン・クナ・アニュヴィット/ナタパット・トリンカジェ
リャオ・チーフン/カン・チャオユ
ジョナタン・ウー・ツェン/ユエハン・ワン

女子ダブルス

チェン・チンチェン/ジァ・イーファン
福島 由紀/廣田 彩花
髙橋 礼華/松友 美佐紀
米元 小春/田中 志穂
グレシア・ポリー/アプリヤニ・ラハユ
ジョンコルファン・キティタラクル/ラウィンダ・プラジョンジャイ
イ・ソヒ/シン・ソンチャン
永原 和可那/松本 麻佑
デラ・デスティアラ・ハリス/リッキ・アメリア・プラディプタ
櫻本 絢子/髙畑 祐紀子
ステファニ・ストエヴァ/ガブリエラ・ストエヴァ
ドゥ・ユエ/リー・インフィ
福万 尚子/與猶 くるみ
キム・ソヨン/コン・ヒヨン
アンギア・シッタ・アワンダ/ニ・ケタット・マハデフィ・イスタラニ
志田 千陽/松山 奈未
チャン・イェナ/ジュン・キュンユン
サラ・ティゲセン/マイケン・フラーハード
キム・ヘリン/ペク・ハナ
リー・ウェンメイ/ファン・ドンピン
シュー・ヤーチン/ウー・ティジュン
タン・ジンファ/ユ・シャオハン
N. シッキ・レッディ/アシュウィニ・ポンナッパ
エカテリーナ・ボロトワ/アリナ・ダフレトワ
新玉 美郷/渡邉 あかね
シドニー・リー/アリエル・リー
プッティタ・スパジラクル/スピサラ・ペウサンプラン
イザベル・ツォン/エミリー・カン

混合ダブルス

トントウィ・アフマド/リリアナ・ナッチル
ジェン・シーウェイ/ファン・ヤチョン
ワン・イルユ/ファン・ドンピン
タン・チュンマン/ツェ・インスェット
ツァン・ナン/リー・インフィ
クリス・アドコック/ガブリエル・アドコック
ライ・シェヴォン・ジェミー/ゴー・スンファット
ハフィズ・ファイザル/グロリア・エマヌエル・ウィジャジャ
ゴー・リューイン/チャン・ペンスン
へ・ジティン/ドゥ・ユエ
ワン・チーリン/リー・チャーシン
リー・チュンヘ・レギナルド/チョウ・ホイワー
渡辺 勇大/東野 有紗
マーク・ラムスフス/イザベル・ヘルトリヒ
マーヴィン・エミル・シーデル/リンダ・エフラー
デチャポン・プアヴァラヌクロー/サプシリー・タエラッタナチャイ
タン・キャンメン/ライ・ペイジン
プラナーヴ・ジェリー・チョプラ/N. シッキ・レッディ
ニクラス・ノア/サラ・ティゲセン
パラフィーン・ジョーダン/メラティ・デファ・オクタフィアンティ
サム・マギー/クロエ・マギー
ヨアキム・フィッシャー・ニールセン/アレクサンドラ・ブイ
ルー・カイ/チェン・ルー
リー・ヤン/シュー・ヤーチン
リッキー・カランダスワルディ/デビィ・スサント
シェリル・セイネン/ロビン・テーベリング
サトウィクサイラジ・ランキレッディ/アシュウィニ・ポンナッパ
金子 祐樹/松友 美佐紀
ロディオン・アリモフ/アリナ・ダフレトワ
ニピッフォン・ファウングファペット/サヴィトゥリー・アミトラパイ
ルー・チンヤオ/フー・リンファン
保木 卓朗/米元 小春
マシュー・フォガーティ/イザベル・ツォン
パキン・クナ・アニュヴィット/スピサラ・ペウサンプラン
スパック・ジョンコー/プッティタ・スパジラクル

組み合わせ(ドロー表)

組み合わせ(ドロー表)は、世界バドミントン連盟公式サイトでみれます!
要するにトーナメント表ですね。

>>男子シングルス

>>女子シングルス

>>男子ダブルス

>>女子ダブルス

>>混合ダブルス

注意事項

・大会日程などはお間違えの無いようにご自身でもしっかりご確認下さい。
・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報はこの記事更新時のもの。変更の可能性あり。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

「ジャパンオープン2018バドミントン選手権大会の視聴方法」をご紹介しました!

・2018年9月11日(火)~16日(日)にかけて、日本の武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナで開催。

・世界ランキング上位の選手たちのみが出場できる注目の大会であり、日本からも桃田賢斗選手、奥原希望選手、髙橋礼華選手、松友美佐紀選手、永原和可那選手、松本麻佑選手など、男女ともにトップ選手が出場予定。

・テレビなら「J SPORTS」「テレビ朝日系列24局ネット」「BS朝日」で放送。

・インターネットなら「J SPORTSオンデマンド」で配信。

このような感じですね!

かなり豪華メンバーが集結するハイレベルな大会。
果たして日本人選手たちは優勝できるのか・・・!

注目は男子シングルスと女子ダブルス!

バドミントンカテゴリの最新記事