【ブンデスリーガ2019/20】テレビ放送予定とネットライブ配信!DAZN?スカパー?

【ブンデスリーガ2019/20】テレビ放送予定とネットライブ配信!DAZN?スカパー?

男子サッカーの欧州リーグの一つである・・・

”ブンデスリーガ(ドイツ)の視聴方法”

をご紹介!!!

ブンデスリーガとは、ドイツのプロサッカーリーグで、各国代表選手も数多くプレーしている世界最高峰のリーグとなります。

日本人選手も大迫勇也選手(ブレーメン)、長谷部誠(フランクフルト)、鎌田大地選手(フランクフルト)などが1部でプレーしており、私たち日本人にも非常になじみ深いですよね。

また、サッカーの観客動員数では世界1位と言われている人気のリーグでもあります。
ロシアワールドカップへ出場していた各国代表メンバーも多数所属。

なので、ブンデスリーガの試合をテレビやネットで観戦したいという方も多いはず!

では、「ブンデスリーガ(ドイツ)2019-20は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

※主に、1部リーグについて記載しています。

こんな方にオススメ

・とにかくブンデスリーガが見たい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・どんなクラブチームがあるの?

・日本人選手は誰がいるの?

クラブチーム一覧

まずは、1部リーグのクラブチーム一覧をチェック!

バイエルン・ミュンヘン
ボルシア・ドルトムント
RBライプツィヒ
バイヤー・レヴァークーゼン
ボルシア・メンヘングラードバッハ
VfLヴォルフスブルク
アイントラハト・フランクフルト
ヴェルダー・ブレーメン
ホッフェンハイム
フォルトナ・デュッセルドルフ
ヘルタBSC
FSVマインツ05
SCフライブルク
シャルケ04
FCアウグスブルク
1.FCケルン
SCパーダーボルン
ウニオン・ベルリン

中でも強くて注目なのは、「バイエルン・ミュンヘン」ですよね!

現在、リーグ7連覇中の圧倒的王者。
世界的に見てもスター選手が数多く所属するビッグクラブです。

日本人選手が所属するクラブ以外に注目するなら、このバイエルンに注目するのがオススメ。

所属する日本人選手一覧

※変更の可能性あり。

大迫勇也選手(ブレーメン)
長谷部誠(フランクフルト)
鎌田大地選手(フランクフルト)

仕組み・ルール

試合方式
18チームによる2回戦総当りのリーグ戦。
最終順位は計34試合の勝ち点で決まる。

順位決定方式
勝ち点は勝利=3、引き分け=1、敗北=0。
シーズン中は勝ち点の多い順に順位を決める。
勝ち点が同じ場合は、得失点差 → 総得点数 → 当該チーム間の勝ち点 → 当該チーム間の得失点差 → 当該チーム間アウェーゴール数 → アウェーゴール数 → プレーオフの順で決定される。

UEFAチャンピオンズリーグ出場圏
上位4チームが本大会グループリーグへ出場。

UEFAヨーロッパリーグ出場圏
カップ戦優勝チームと5位は本大会グループステージへ出場。
6位は予選2回戦から出場。

降格圏
17、18位は自動降格、16位は2部3位のチームと入れ替え戦を行う。

テレビ放送・中継予定

スカパー!←オススメ

2019/20シーズンは、ブンデスリーガ1部リーグ全306試合放送!

ここで見るのが一番多くの試合を見れます。

スカパー!へは、インターネットから加入手続きすることができます。

「スカパー!サッカーセット」へ加入すれば、ブンデスリーガ、セリエA、ポルトガルリーグ、ベルギーリーグ、FAカップ、ルヴァンカップ、天皇杯などが視聴可能に!

>>スカパー!への登録はこちら

月額料金
2759円(税抜)
※スカパー!サッカーセット

NHK-BS1

日本人選手の試合を中心に稀に放送される場合あり。

地上波

現状、放送されることはほぼありません。

インターネットライブ配信

スカパー!サッカーオンデマンド

文字通り、スカパー!のオンデマンド版サービスです。

テレビと同様にネット配信されるため、2019/20シーズンはブンデスリーガ1部リーグ全306試合配信!という形だと思われます。

すでに、テレビ版スカパー!の対象パック・セットご契約者は、無料視聴可能!

なので、直接加入するよりも、まずはテレビ版のスカパー!(有料)に加入してから、オンデマンドのMyスカパー!IDでログインするのがオススメです!
アンテナ設置できない方などは、テレビ版を経由せず直接オンデマンド登録することも可能!(有料)

>>スカパー!への登録はこちら

ブンデス・ポルトガルLIVE

ドイツ・ブンデスリーガ全306試合&ポルトガルリーグの中島翔哉出場試合をライブ配信+見逃し配信!

>>ブンデス・ポルトガルLIVE

こちらはスカパー!によるネット配信限定商品。

月額料金
月額925円(税抜)

DAZN(ダ・ゾーン)

以前は、ブンデスリーガは全試合ライブ配信されていましたが、今シーズンの配信は現時点でありません。

>>DAZN(ダ・ゾーン)

↑今後、また配信が復活する可能性もありますので、公式ホームページで定期的にチェックしておきましょう。

どこで見るのがオススメ?

ここまで”ブンデスリーガ(ドイツ)の視聴方法”をご紹介しましたが、どこで見るのがオススメなのか?

テレビ
スカパー!

インターネット
スカパー!サッカーオンデマンド
ブンデス・ポルトガルLIVE

このような感じですね!

「DAZN(ダ・ゾーン)」での配信が復活しない限りは、このどれかでのご視聴をオススメします!

注意事項

・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は記事更新時のものなので、今後変更される可能性もありますのでご注意下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

歴代優勝クラブ

ブンデスリーガ(ドイツ)の過去の優勝クラブをチェック!

2018 – 2019 バイエルン・ミュンヘン
2017 – 2018 バイエルン・ミュンヘン
2016 – 2017 バイエルン・ミュンヘン
2015 – 2016 バイエルン・ミュンヘン
2014 – 2015 バイエルン・ミュンヘン
2013 – 2014 バイエルン・ミュンヘン
2012 – 2013 バイエルン・ミュンヘン
2011 – 2012 ボルシア・ドルトムント
2010 – 2011 ボルシア・ドルトムント
2009 – 2010 バイエルン・ミュンヘン
2008 – 2009 VfLヴォルフスブルク
2007 – 2008 バイエルン・ミュンヘン
2006 – 2007 VfBシュツットガルト
2005 – 2006 バイエルン・ミュンヘン
2004 – 2005 バイエルン・ミュンヘン
2003 – 2004 ヴェルダー・ブレーメン
2002 – 2003 バイエルン・ミュンヘン
2001 – 2002 ボルシア・ドルトムント
2000 – 2001 バイエルン・ミュンヘン
1999 – 2000 バイエルン・ミュンヘン
1998 – 1999 バイエルン・ミュンヘン
1997 – 1998 1. FCカイザースラウテルン
1996 – 1997 バイエルン・ミュンヘン
1995 – 1996 ボルシア・ドルトムント
1994 – 1995 ボルシア・ドルトムント
1993 – 1994 バイエルン・ミュンヘン
1992 – 1993 ヴェルダー・ブレーメン
1991 – 1992 VfBシュツットガルト
1990 – 1991 1. FCカイザースラウテルン
1989 – 1990 バイエルン・ミュンヘン
1988 – 1989 バイエルン・ミュンヘン
1987 – 1988 ヴェルダー・ブレーメン
1986 – 1987 バイエルン・ミュンヘン
1985 – 1986 バイエルン・ミュンヘン
1984 – 1985 バイエルン・ミュンヘン
1983 – 1984 VfBシュツットガルト
1982 – 1983 ハンブルガーSV
1981 – 1982 ハンブルガーSV
1980 – 1981 バイエルン・ミュンヘン
1979 – 1980 バイエルン・ミュンヘン
1978 – 1979 ハンブルガーSV
1977 – 1978 1. FCケルン
1976 – 1977 ボルシア・メンヘングラードバッハ
1975 – 1976 ボルシア・メンヘングラードバッハ
1974 – 1975 ボルシア・メンヘングラードバッハ
1973 – 1974 バイエルン・ミュンヘン
1972 – 1973 バイエルン・ミュンヘン
1971 – 1972 バイエルン・ミュンヘン
1970 – 1971 ボルシア・メンヘングラードバッハ
1969 – 1970 ボルシア・メンヘングラードバッハ
1968 – 1969 バイエルン・ミュンヘン
1967 – 1968 1.FCニュルンベルグ
1966 – 1967 アイントラハト・ブラウンシュバイク
1965 – 1966 1860ミュンヘン
1964 – 1965 ヴェルダー・ブレーメン
1963 – 1964 1. FCケルン

まとめ

”ブンデスリーガ(ドイツ)の視聴方法”をご紹介しました!

・世界最高峰のレベルと人気を誇る、ドイツのプロサッカーリーグ。

・各国代表レベルの海外のスター選手が数多くプレーしている。

・日本人選手も数多くプレーしている。

・テレビは「スカパー!」で全306試合を放送予定。

・インターネットなら「スカパー!サッカーオンデマンド」「ブンデス・ポルトガルLIVE」で全306試合を配信予定。

・「DAZN(ダ・ゾーン)」でのライブ配信はありません。

このような感じですね!

人気&レベルが高く、日本人選手も多くプレーしているので、海外サッカーを見始めるという方にオススメ。

今後もブンデスリーガに挑戦する日本人選手はどんどん出てくると思うので、目が離せないですね!

注目ポイントとしては、強すぎる絶対的王者バイエルンの8連覇を止めるクラブはあるのか・・・!

海外サッカーカテゴリの最新記事