【MotoGP2022の視聴方法】テレビ放送中継&ライブ配信日程!

【MotoGP2022の視聴方法】テレビ放送中継&ライブ配信日程!

二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである・・・

”MotoGP2022の視聴方法”

をご紹介!!!

1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリー。
世界各地を転戦し開催されるオートバイレースとなります。

世界各国でのグランプリレース(GP)での順位に応じてポイントを加算していき、年間チャンピオンを決定する仕組み!

日本にもファンが多く、MotoGPのレースをテレビやネットで観戦したいという方も多いはず!

では、「MotoGP2022は一体どこで見れるのか?」をチェックしてみましょう!

地上波放送されるこもほとんどありませんが、もちろん日本でもたっぷり楽しめますよ♪

こんな方にオススメ

・とにかくMotoGPが見たい!

・どこのテレビ局で放送されるのか知りたい!

・スマホ・パソコン・タブレット端末などを使ってインターネットライブ配信で楽しみたい!

・無料で見れるの?月額料金は?

・日程や開催地を知りたい!

2022年の日程&開催地(スケジュール)

※現地時間

第1戦:カタールGP

3月6日 ロサイル

第2戦:インドネシアGP

3月20日 マンダリカ

第3戦:アルゼンチンGP

4月3日 テルマス・デ・リオ・オンド

第4戦:アメリカズGP

4月10日 オースティン

第5戦:ポルトガルGP

4月24日 アルガルベ

第6戦:スペインGP

5月1日 ヘレス

第7戦:フランスGP

5月15日 ル・マン

第8戦:イタリアGP

5月29日 ムジェロ

第9戦:カタルーニャGP

6月5日 バルセロナ‐カタルーニャ

第10戦:ドイツGP

6月19日 ザクセンリンク

第11戦:オランダGP

6月26日 アッセン

第12戦:フィンランドGP

7月10日 キュミリング

第13戦:イギリスGP

8月7日 シルバーストーン

第14戦:オーストリアGP

8月21日 レッドブルリンク‐シュピールベルク

第15戦:サンマリノGP

9月4日 ミサノ

第16戦:アラゴンGP

9月18日 アラゴン

第17戦:日本GP

9月25日 もてぎ

第18戦:タイGP

10月2日 チャーン‐ブリーラム

第19戦:オーストラリアGP

10月16日 フィリップアイランド

第20戦:マレーシアGP

10月23日 セパン

第21戦:バレンシアGP

11月6日 リカルド・トルモ

テレビ放送・中継予定

日テレジータス(CS放送)←オススメ

こちらで2022シーズンも全21戦放送!
日テレジータスでは「MotoGPクラス(1000cc)」、「Moto2クラス(765cc)」、「Moto3クラス(250cc)」3つのクラスの予選・決勝を徹底中継!

※巨人戦と重なる場合、録画放送となる可能性あり。

テレビで見る場合、一番オススメ!
ただし、CSアンテナの設置が必要なので、アンテナ設置工事費が別途必要となる可能性があり、手間もお金もかかるのが難点。

スカパー!から「日テレジータス(CS放送)」が視聴可能!

>>スカパー!への登録はこちら

その他

「日テレ地上波」「BS日テレ」「BSスカパー!」などで放送される可能性もあります。

インターネットライブ配信

Hulu(フールー)←オススメ

こちらでMotoGP2022全21戦の全予選・決勝をライブ配信!

>>Hulu(フールー)

なんと4つマルチアングル映像で楽しめます!

1.日テレジータス 中継映像
スポーツ総合CSチャンネル“日テレジータス”で放送する「ライブ」映像

2.オンボードカメラ (各クラス2選手分)
バイクの車体に搭載した超小型カメラの映像

3.ライブトラッキング
全ライダーの現在位置を表示した「ライブトラッキング」CG画像

4.空撮カメラ
レースを上空から撮影した「空撮カメラ」映像

登録すると、ドラマ、アニメ、映画、バラエティーなどの動画が見放題となるので、暇つぶしに最適のサービス!

無料お試し期間が2週間あるので安心ですね♪

テレビが見れなくても移動中でも、スマホ・パソコン・タブレット端末、ゲーム機などで楽しめるのでオススメ!
もちろんテレビに接続して、テレビ画面で楽しむことも可能。

月額料金
月額1026円(税込)

※初回2週間は無料!
※無料期間内の退会なら料金は発生しません!

VideoPass(ビデオパス)

こちらでもMotoGP2022全21戦の全予選・決勝をライブ配信!

>>VideoPass(ビデオパス)

機能面は優れていますが、月額料金が高めなので、「Hulu(フールー)」で十分楽しめます。

どこで見るのがオススメ?

ここまで”MotoGP2022の視聴方法”をご紹介しましたが、どこで見るのがオススメなのか?

オススメなのは・・・

Hulu(フールー)>日テレジータス(CS放送)>VideoPass(ビデオパス)

このような順番かなと思います。

注意事項

・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。
・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。
・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。
・記載している情報は記事更新時のものなので、今後変更される可能性もありますのでご注意下さい。
・ご利用は全て自己責任でお願いします。

まとめ

MotoGP2022の視聴方法をご紹介しました!

・1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリー。

・テレビなら「日テレジータス(CS放送)」で放送。

・インターネットなら「Hulu(フールー)」「VideoPass(ビデオパス)」でライブ配信。

このような感じですね!

ぜひ世界最高峰のオートバイレースをお楽しみください!

バイクレースカテゴリの最新記事